BLOG

2014年3月23日 日曜日

骨増生

こんにちは、高島ですhappy01

先日、インプラント外科の権威である堀内克啓先生の講義を聴いてきましたshine



今回の内容は、インプラントを行う際の骨増生についてのお話でした。

インプラント治療を行うには、インプラント体(人工歯根)を埋め込むための十分な骨の厚み、高さが必要になります。
歯を失った部分にもともと骨があれば、問題はありませんが、しかし、実際には炎症などにより骨吸収を起こし、骨の量が不十分なことが多くあります。

そのような場合には、自家骨移植やGBRと呼ばれる方法により、骨の量を増やす処置が必要となります。
それにより、そのままでは不可能な部分へのインプラントを可能にし、また、人工の歯の形や、周囲の組織の環境を理想的な形にすることもできます。

今回、貴重なお話を聴くことができ、大変、勉強させていただきましたup
堀内先生ありがとうございました。

投稿者 さつきやま歯科クリニック