ホーム > 入れ歯・ブリッジ

入れ歯・ブリッジ

入れ歯 最適の治療法で、「噛める日々」をもう一度。

最適の治療法で、「噛める日々」をもう一度。

自分に合った入れ歯

入れ歯は、歯を失ってしまった場合に補うための方法です。
1~数本を失った場合にも、また、全部の歯を失った場合にも用いることができる方法です。

しかし、入れ歯が合わないと、食事もしづらく、会話をするのもおっくうになります。

使用する材料や作製する方法により、噛みやすさ重視の入れ歯・審美性重視の入れ歯・薄さ重視の入れ歯など、さつきやま歯科クリニックでは、ストレスのない入れ歯づくりのため、努力を惜しみません。

池田市・箕面市で入れ歯をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ブリッジとは?

ブリッジ

英語で「橋」を意味するブリッジは、その名の通りなくなってしまった歯の両サイドから橋渡しをするように連なったかぶせもののことです。

最大の利点は、入れ歯とは違って違和感が少なく、材料を選べば見た目もキレイにできることです。

ただし適応できる症例が限られ、また歯を削らなければならないという難点があります。

さつきやま歯科クリニックで扱う入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険適用のため安価ですが使用できる材料が限られており、材質の強度を出すために厚みが出るため違和感が強かったり、しゃべりにくい、食べにくいといった障害を感じる方がいらっしゃいます。

長所・・・保険適用のため安価
短所・・・使用できる材料が限られており、その材料の強度上厚みがでるため、違和感が強く、喋りにくかったり、食べにくいなどの障害を感じやすい

金属床義歯

金属床義歯とは入れ歯の床の一部が金属(保険適応外の材質)で出来た入れ歯の事です。

保険で用いられるレジン(樹脂)や金属とは違い、薄く加工できるため装着した際の違和感、発音時の不自由さが少ないのが特徴です。

また、レジン(樹脂)とは違い、強度が高いため咬む力による歪みが少なく、熱伝導性にも優れるため、食事の際の違和感も軽減されます。
ただし、金属アレルギーの方に用いることはできません

アタッチメントデンチャー

アタッチメントデンチャーとは、ご自身の歯と入れ歯を特殊な装置で固定した入れ歯のことです。

アタッチメント装置には、色々な装置があり(マグネット、ミリング、コーヌスなど)、しっかり固定され、外れにくく、保険の部分入れ歯にある金具(バネ)がないため見た目も自然で目立たないのが特徴です。
装置によっては総入れ歯に用いることも可能です。

しかし、これも金属アレルギーの方は使用できません

ノンクラスプデンチャー

ノンスクラプデンチャーとは、従来の部分入れ歯に存在する金具(バネ)がないものです。

金属の止め具がない部分入れ歯と理解してください。

義歯を使用中の方々はご存知かと思いますが、部分入れ歯には、金具(バネ)が付いています。
この金具(バネ)が見た目に問題を起こすのです。

ノンスクラプデンチャーは、金具(バネ)の代わりに、特殊な素材で入れ歯を支えるため、見た目に大変優れた入れ歯といえます。

日本では最近になってようやく知られてきましたが、アメリカでは50年以上の実績があります。さらに近年、破折・変色に強い新しい素材が開発されており、より安心してお使い頂けます。

難点としては、ケースによっては作製できないものもあることと、壊れにくいが、修理や調整が難しい点です。

生体シリコン義歯

生体シリコン義歯とは、義歯の歯肉にあたる部分を、生体用シリコンというクッション材で覆っている義歯です。

柔らかい生体用シリコンが、強く噛んだときの歯肉にかかる負担をやわらげ、抜群の吸収力を発揮し、以前よりしっかりと噛めるようになります。

変質や劣化に強い生体用シリコン材を使用し、特殊な加工技術を加えることで、これまでのシリコン義歯に比べると飛躍的に剥がれにくくなりました。

長時間続く柔らかさなので、快適さも比例して長持ちします。
従来の義歯の悩みだった「痛い・噛めない・外れやすい」を解消し、患者様の歯茎を守ります。
ただ、剥がれることがあるので注意が必要です。

ブレードティース

入れ歯の咬砕力を増すことで、歯肉への咬む力の負担の軽減を計り、歯肉を保護するために考案された入れ歯用の臼歯です。

上あごの臼歯に金属製のクロスブレードが付いており、少ない咬む力でも効率よく、食べ物を噛み切ることができ、歯肉への咬む力の負担を軽減することができます。

IOD(インプラントオーバーデンチャー)

詳しくはこちらへ

池田市・箕面市でさつきやま歯科クリニックでは入れ歯も患者さまのお気持ちを大切に、快適な入れ歯をおつくりします。