ホーム > 歯周病

歯周病

歯周病 歯周病は「治療してから」が本番。

歯周病とは?

歯周病

日本人が歯を失う一番大きな原因は、この歯周病です。

歯垢(プラーク)に含まれている細菌に感染し、歯周組織が破壊される病気で、歯肉の腫れや出血が起こり、最終的には歯が抜けてしまいます。

日本人の80%が患っているといわれる歯周病ですが、実際には気づいていない方がほとんどです。

歯周病は歯を支えている歯肉や歯槽骨に発症します。

初期段階では症状がほとんどわからない為、気づいた時にはもう歯を失うことになってしまうこともあります。

歯周病の予防や治療のことなら、一度池田市・箕面市のさつきやま歯科クリニックへご相談下さい。

口臭との関連

歯周病に罹患し、治療やメンテナンスをおこなわないままでいた場合、歯周ポケットの深い部分で細菌が繁殖して口臭の原因の一つとなります。

ただし全身の疾患に起因する口臭もありますので、必ずしもお口の中が原因とはかぎりません。

歯周病の症状は? ひどくなるとどうなるの?

歯周病の症状

初期の段階では、歯肉の腫れや、ときどき起こる出血です。

しかし症状が進行すると歯肉の炎症がひきにくくなり、細菌の出す毒素により骨が溶け始めます。
重度になると、排膿(たまった膿が出てきてしまうこと)してきたり、歯が揺れだし、抜け落ちてしまいます。

歯周病治療でもっとも大切なこと、それは日々のご自身によるメンテナンスです。

医院でどんなにきれいに歯石をとりのぞき、さらには手術までも行ったとしても、患者さまご自身のメンテナンスが行き届かなければ歯周病は再び進行してしまいます。

池田市のさつきやま歯科クリニックでは患者さまがご自身でしっかりメンテナンスを行えるよう、ブラッシングの方法などのトレーニングもさせていただいております。歯周病の進行を食い止めるには、歯科医と患者さまとの二人三脚での努力も必要となるのです。

歯周病と関連のある病気

喫煙は歯周病の大きな原因

歯周病は、糖尿病、心筋梗塞、認知症など全身疾患との関連性もあるといわれております。

また妊娠している人の場合、ひどい歯周病があると早産のリスクが高まるというデータもあります。

不安のある方、一度池田市・箕面市のさつきやま歯科クリニックへご相談ください。

歯周病の治療の流れ

検査・ブラッシング指導

歯周病の進行具合を調べ、その人の状態に合った歯磨きの仕方をお教えします。

スケーリング

歯ブラシなどで除去できない歯石をスケーラーという特殊な器械で除去します。

検査

2回目の検査を行います。

ルートプレーニング

スケーリングでは取りきれない深い歯周ポケット内にある歯石や、感染したセメント質を専門の器具を使い、除去することで歯をツルツルにします。

検査

最終チェックを行います。

経過がよければ、これで歯のメンテナンスをおこない、歯周病の再発を防ぎます。
毎日の正しいブラッシング、定期的な歯科医院での検診が必要です。

ただし、重度な歯周病で、歯石の除去が困難な場合は手術をおこないます。
「フラップオペ」というもので、歯肉(フラップ)を切開する方法です。

高い技術と充実した設備で安心、歯周外科手術もおこなっています

歯周外科

重度の歯周病の場合、手術が必要な場合もあります。

池田市・箕面市付近のさつきやま歯科クリニックでは、歯周外科に豊富な経験と知識のある歯科医師が、歯科用CTなどの設備を駆使し、手術をおこないます。

歯周外科手術の種類

フラップオペ

重度の歯周病の場合、どうしても手具では取りきれない歯石があります。
深い歯周ポケットの奥にある歯石を除去する為の手術のことを言います。

エムドゲイン

歯周病で骨を失った箇所にエムドゲインを塗り、歯周組織を再生させようとする治療です(無細胞セメント質が形成されます)
GTR法よりも簡単に行えると言われていますが、用いることのできる症例は限られています。

GTR

GTR法は、歯周病などで歯肉や歯根膜、歯槽骨など破壊されてしまった歯周組織の再生誘導を行う治療方法です。
歯を支える骨が少ない場合に、有細胞セメント質による新付着をおこし、歯を“修復”する治療です。
骨を失った箇所に膜(メンブレン、バリアー膜)を張ることで、歯周組織が回復するのに必要なスペースを作ります。

歯肉移植

歯肉がやせてしまった場合、別の歯ぐきから歯肉を取り、患部に移植します。

クラウンレングスニング

虫歯や歯の破折によって、健全な歯質が歯槽骨よりも深い位置にしか残存していない場合、手術によって骨を削合することで抜歯せずにまた使える状態にする手術です。